「ティンゲリー・エンタングル」公演 image
「ティンゲリー・エンタングル」公演 image

「ティンゲリー・エンタングル」公演

スイスと日本の国交樹立160周年を祝う2024年、スイス大使館は最先端の量子物理学の世界を音楽と視覚で感覚的に体験するスイスのアートパフォーマンス「ティンゲリー・エンタングル」の一日限りの特別来日公演をバーゼルの音楽祭 Interfinityと共に開催いたします(一般公開、入場料無料)。

世界を牽引するスイスの量子技術。スイスと日本は、科学・技術・イノベーションの分野で共通の目標を掲げ、この重要な戦略分野に投資しています。2023年10月には、量子科学を含むあらゆる研究分野においてスイスと日本の既存の関係を強化するための国際協力覚書(MoC)が交わされました。そこで、在日スイス大使館科学技術部は理化学研究所 量子コンピュータ研究センターと共に、本分野でのスイスと日本の専門家の連携をさらに進めるべく3日間のシンポジウム「Swiss-Japanese Quantum Symposium 2024」を開催いたします(2024年6月5~7日、東京大学、弥生講堂・一条ホール)。

最終日の6月7日には、誰もが参加できるアート&サイエンス パフォーマンス「ティンゲリー・エンタングル」公演をスイス大使館とバーゼルの学際・革新的な音楽祭 Interfinity の協力の下開催いたします。
量子コンピューティングの基礎を分かりやすく紹介する「ティンゲリー・エンタングル」は、量子物理学の中心的概念である「重ね合わせ」「エンタングルメント」「コヒーレンス」「トンネリング」を感覚的に音楽とビジュアルを用いて紹介します。5人の物理学者が舞台上、映像上でストーリーを語り、ライブミュージックとビジュアル・アートがその内容を補足します。鑑賞者は、サウンドとビジュアル・アート、舞台とエレクトロニック・ミュージックをミックスしたユニークな体験に身を委ねることができます。難解で理解不可能にも思える量子物理学の世界をこの機会にご体験ください。

「ティンゲリー・エンタングル」公演
日時2024年6月7日 19時(開場18.30)
会場 東京大学 弥生講堂 アネックスセイホクギャラリー(〒113-8657 東京都文京区弥生1丁目1-1)
主催 在日スイス大使館 / Vitatlity.Swiss、Interfinity
問合せ 在日スイス大使館 科学技術部 tokyo.science@eda.admin.ch

申込 https://stofficetokyo.ch/registration-tinguely-entangled (要登録・参加費無料)

本パフォーマンスは、スイス人ピアニスト・インターフィニティのディレクター、ルーカス・ロス(Lukas Loss)が、バーゼル大学を拠点とするNCCR SPINの研究者ヘンリー・レッグ(Henry Legg)と共同で脚本を制作。物理学者のアリアンナ・ニグロ(Arianna Nigro)、ラファエル・エグリ(Rafael Eggli)、ヴァレリイ・コジン(Valerii Kozin)、リウ・ジョンチン(Jung-Ching Liu)らと制作した共同プロジェクトです。

音楽・作曲 Linda Leimane
映像制作 Luca Scarzella、Michele Innocente
企画・制作 Lukas Loss
脚本 Henry Legg 、Lukas Loss

物理学者 Henry Legg、Rafael Eggli、 Arianna Nigro、Valerii Kozin、Jung-Ching Liu
ミュージシャン Ensemble Nomad & Anna Gagane (クラリネット)

「ティンゲリー・エンタングル」公演 image

プレスリリース:こちらからご覧ください