Vitality.Swiss×SUPER DOMMUNE Presents 屈折するロボティクス・結晶化するフォーム image
Vitality.Swiss×SUPER DOMMUNE Presents 屈折するロボティクス・結晶化するフォーム image

Vitality.Swiss×SUPER DOMMUNE Presents 屈折するロボティクス・結晶化するフォーム

2024年1月30日開催、 SUPER DOMMUNEでの熱い一夜をオンデマンドでどうぞ!

スイスのAATB(デザイン・プラクティス)、真鍋大度(Rhizomatiks)そして宇川直宏(SUPER DOMMUNE)が4年間の時を経て再び集結するトーク!さらにMSCTY_Studio(ニック・ラスコム&ジェームズ・グリア)×スイスのジュリアン・サルトリウス(音楽家)とのサウンドコラボレーションも!2024年1月30日、東京・渋谷の伝説的なストリーミング・スタジオ SUPER DOMMUNE で繰り広げられられた、自然のプロセス・人間の介入のシフトとドリフトをめぐる一夜は、大盛況のうちに終了。約6400名のビューアーと満席のスタジオ観覧者がライブで体験した熱気をオンデマンドでぜひ共有ください!

SUPER DOMMUNE 2024/01/30 Vitality.Swiss × SUPER DOMMUNE Presents 「屈折するロボティクス・結晶化するフォーム」

この度、スイスの非産業型ロボットを開発するAATB(アンドレア・アンナー&ティボー・ブレべ)が、札幌国際芸術祭2024(SIAF2024)に参加するために来日!会場のひとつモエレ沼公園(ガラスのピラミッド横、雪倉庫)にて大規模かつ画期的なインスタレーションを行いました。SIAF2024のテーマ「Last Snow」をさらに発展させ、フィンランドのメディア・アーティスト、ユッシ・アンジェスレヴァとの本共同プロジェクトにおいて、AATBはロボット工学に溶ける氷と光を融合させたパフォーマティブな作品は大好評を得ました。本作品は、ドリルビットと懐中電灯を装備したロボットアームが、大きな透明な氷の塊を削り、徐々に彫刻的な氷のレンズへと変化させ、懐中電灯の光を屈折させて、壁に投影された没入感のある3Dシーンを投影します。「PINNANNOUSU"(フィンランド語で "水平の高さ "の意)」は、気候変動の時代におけるドラマティックな現在の状況下での、個人の存在の脆さと儚さに対峙しています。(詳細はこちら
※PINNANOUSOUはユッシ・アンジェスレヴァ教授が進める共同プロジェクト。AATBがAlain Bellet、Martin Hertigと共に行うローザンヌ美術大学(ECAL)の研究プロジェクト 「A Third Hand - Creative Applications for Robotics」によりさらに展開されました。スイス連邦工科大学ローザンヌ(EPFL)のGeometric Computing LaboratoryのMark Pauly教授とRayform SAが、氷レンズの形状計算を行っています。

本SUPER DOMMUNE×Vitality.Swissは、自然のプロセス・人間の介入のシフトとドリフトについて議論するため、AATBを東京・渋谷の伝説的なストリーミング・スタジオに迎え、トークとパフォーマンスの夕べを開催しました。そのお相手は、もう一人のアートとコンピュテーショナル・パフォーマンスのパイオニアの真鍋大度氏(ライゾマティクス代表)。真鍋氏は人間の身体、データ、プログラミング、コンピュータ、物理的/仮想的、自然/人工的現象の境界を常に押し広げています。そして、いち早くライブストリーミングを手がけ、メディアアートの多方面を牽引するSUPER DOMMUNEの宇川直宏氏。さらに在日スイス大使館広報文化部長のジョナス・プルヴァも加わり、溶融し続け、結晶化し続ける形態と思索の本質を深く掘り下げました。

第2部では、Vitality.SwissポッドキャストのプロデューサーでDJのニック・ラスコムが、MSCTY_Studioとしてジェームズ・グリアと共に登場。ウェルビーイングのためのサウンドとその構築の可能性を追求する「サウンド・アーキテクチャー」プラクティス「MSCTY_Studio」の中核をなす二人が、スイス人打楽器奏者でプロデューサーのジュリアン・サルトリウスの作品「Hidden Tracks」をモチーフに、パフォーマンスを披露。本「Hidden Tracks」: Basel - Genève は、サルトリウスがスイスを10日間歩き作曲した作品。自然界を楽器に見立て、冒険的な音源を演奏に使用しています。
自然界の生命力に焦点を当て、スイスと日本のフィールド・レコーディングを融合させた新しいサウンド作品とSUPER DOMMUNEの宇川直宏氏による映像スイッチングのコラボレーションをどうぞご堪能ください!

2024年1月30日(火曜日)20時~22時30分
スタジオ観覧・50名 (入場料:無料) +ライブ配信(SUPER DOMMUNE)
番組情報: SUPER DOMMUNE

第1部 トーク 20時~22時
AATB(デザイン・プラクティス)、真鍋 大度(アーティスト・プログラマ・DJ)、宇川 直宏(SUPER DOMMUNE)、ジョナス・プルヴァ(スイス大使館)
※英語・日本語通訳あり

第2部 ライブパフォーマンス 22時~22時30分
MSCTY (ニック・ラスコム&ジェームズ・グリア) × ジュリアン・サルトリウス

※本イベントはSUPER DOMMUNEの協力の下、日・スイス国交樹立160周年記念事業のひとつとして開催されました。

スピーカー&パフォーマー、イベントの詳細についてはこちらをご覧ください